設楽町 無名滝2
場所  :愛知県設楽町
落差  :15m
幅   :-
徒歩時間:すぐ
2002年11月
無名滝2
県道33号線から樹幹越しに一部見られる。上から見ると大きな滝のように見えたが、下からみると思ったほどの大きさではない。この辺りは、変成岩質の岩であり、小刻みな凹凸のある岩肌を2段になって落ちる姿はすばらしい。

[アクセス]
設楽町役場から県道33号線を段戸山方面に進む。道が川沿いから山肌を走るようになったところで、適当な場所に駐車する。後は斜面を強引に下るだけだが、最後3メートルほどは草もはえない、泥の急斜面でかなり危険である。
次の滝へ    愛知県の滝1へ    Home
Copyright(C)2005-2006 Nature Drive. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system