日光市 裏見の滝
場所  :栃木県日光市
落差  :15m
幅   :-
徒歩時間:15分
2009年5月
裏見の滝
華厳の滝、霧降の滝とともに日光三名瀑になっている。かつては滝裏にまわることができ(現在は落石の危険のため行くことはできない)、松尾芭蕉も訪れ「しばらくは 滝にこもるや 夏の坊」という句を奥の細道の中に残している。
>>> 早春の裏見の滝
>>> 2004年7月

[アクセス]
国道120号線のいろは坂を下り日光東照宮方面に向かう。裏見の滝の看板に従い主要地方道195号裏見滝線を突き当たりまで進むと駐車場があり、案内板もある。
次の滝へ    栃木県の滝へ    Home
Copyright(C)2010 Nature Drive. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system